2014年06月07日

今年の開花 イングリッシュローズ V

2014.5.29 ローズマリー.JPG
 Rose-Marie 5.29



ローズマリー

同じERのヘリテージの白花変異種。

花の形は若干丸めでくしゅくしゅしているように思う

けれど

咲くタイミングが シンクロしていて不思議。

どうやって息を合わせているのだろう・・・。







2014.5.29 グラミ1.JPG
Glams Castle 5.29



グラミス・キャスル 


初代を枯らしたので、この株は2代目。





2014.5.31グラミ3.JPG
Glams Castle 5.31

どうかどうか 長生きしてください。





2014.5.29 クレア・グラミ.JPG
Glams Castle / Claiire Austin5.29



アイスバーグ、クレア・オースチンと並べて 白薔薇コーナーを作っています


左がクレア・オースチン 後ろがアイスバーグ




2014.5.29 クレア、グラミ.JPG
Glams Castle / Claiire Austin 5.29



この画像ではわかりにくいですが、

私は、クレア・オースチンのレモンイエローのつぼみや


6.3 c.JPG
Claiire Austin 6.3


散ったあとの 赤っぽいシベが嫌いでした。








2014.5.29 クレア1.JPG
Claiire Austin 5.29


けれど、よく観察してみると

花付きはとても良いし

株は丈夫だし、

香りは やさしいミルラ


何より、咲くと綺麗




結構いいバラなんだなあ・・・・って 今は思っています。






6.2 f2.JPG
Francine Austin 6.2

フランシーヌ・オースチン 

このバラは ゾウムシに好まれて・・・

たくさんの蕾をつけながら 花を楽しめるのは







6.2 f.JPG


ゾウムシが見過ごした こんな場所のだけです。



posted by オニポン at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(EnglishRose) White,Cream | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

今年の開花 イングリッシュローズ U

2014.5.29 シャル.JPG
 Charlotte 5.29


シャルロット


久しぶりに 複数の蕾をつけました。




2014.5.31 シャル2.JPG
 Charlotte 5.31


今年は水遣りの方法を変えました。

今の時期、朝夕と一日2回水やりをしていますが、
最初に一通り水やりしたあと、再び同じようにすべての鉢にもう一度水遣りします。
さらに時間があればもう一度。



・・・・と、いうのは

雨の翌日は 朝の水やりをしなくても平気なのに

晴れが続く日に 朝たっぷり水遣りたのに 夕方帰ると
カラカラになって干からびている鉢が時々あったからです。

もちろん気温や風の具合によって乾き具合は違うだろうとは思いますが
明らかに 雨と自分の水やりでは鉢の湿り具合が違っているのです。


自分が水遣りした直後 鉢に生えている雑草を抜いてみると
鉢土の中まで水が浸透せず、
土が乾いたままでした。


なので、繰り返しの水やりを試してみることにしました。






6.3 cha.JPG
 Charlotte 6.3


やはり、夕方 しおれている鉢はありますが、以前より少なくなったような気がします。
・・・とりあえず、今年は 乾く時期
このやり方で試してみようと思っています。
posted by オニポン at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(English Rose) Yellow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

今年の開花 イングリッシュローズ T

5.20 ジュリエット.JPG
 Sweet Juliet 5.20


スウィート・ジュリエット



鉢から根を出して、地植え状態になっています。
なので、花付き、最高。







5.23 ジュリエット2.JPG
 Sweet Juliet 5.23


花茎が短く、となりの花についている葉っぱが 花の上に覆いかぶさったりしますが、






5.23 ジュリエット2.JPG
 Sweet Juliet 5.23

最近は、そういう邪魔な葉っぱを切って、花を楽しめる心の余裕が持てるようになりました。




ただし、鉢植えの弱小バラは別。


5.20 マグ1.JPG
Mary Magdalene 5.20


メアリー・マグダレンは年々小さくなっている気がするので
体力回復のためにも1枚の葉っぱだって大事です。








2014.5.29 ヘリテージ.JPG
Heritage 5.29



ヘリテージ は白花変異種のローズマリー・ローズと並べて置いてあります。


花の雰囲気はローズマリーと若干違いますが
花を咲かせるタイミングが 全く同じ。







2014.5.29 セシリア1.JPG
St.Cecilia 5.29





遅咲きのセント・セシリアが咲き始めると

春のバラのシーズンの終わりを感じます。



 


2014.5.31 せしエリア1.JPG
St.Cecilia 5.31



・・・が、セシリアがたくさん蕾をつけてくれているので
もう少し楽しめそう




5.21 マサコ3.JPG
Eglantyne 5.21



エグランティーヌ(別名:マサコ)


風通りのよい場所に移動させたら、機嫌が良くなった気がします。

今年は結構咲いてくれました



5.23 庭2.JPG
5.23


中央に白っぽく見えるのがマサコ



posted by オニポン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(EnglishRose)Pink,Apri | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花 ツルバラ

5.20 アンジェラ.JPG
 Angela 5.20



アンジェラ





5.25 アンジェラ1.JPG
 Angela 5.25



小さめのつぼみがぎっしりなので


ゾウムシの楽園になっているようです(怒)








5.26 アンジェラ2 .JPG
 Angela 5.26




うちのアンジェラは結構香りが強く

ひと枝(それだけで花束のようになります)活けておくと

家の中が良い香りに♪





5.21 ピエール1.JPG
Pierre de Ronsard 5.21


ピエール・ド・ロンサール



香りのないバラだと思っていましたが

淡く香ることに気がつきました。





2014.5.29 ピエール.JPG
Pierre de Ronsard 5.29


飾ると、

絵になるバラだなあ・・・と、思います。





2014.5.30 クナイプ2.JPG
Sebastian Kneipp 5.30

セバスチャン・クナイプ 




不調で不調で 

咲かないバラ・・・ってイメージがありました。

そして たった1本の枝が枯れ込み、
植え替えてみたら、根腐れが判明。

多分、もう、枯れるんだろうと、諦めていましたが、

そこからまさかの復活!

他に6個のつぼみをつけています。

ピエール以上の美形?!

posted by オニポン at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Climbers) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花  ハイブリッド・スピノッシマ

5.16 スタンウェル2.JPG
Stanwel Perpetual 5.16



スタンウェル・パーペチュアル 




5.20 スタン1.JPG
Stanwel Perpetual 5.20


早咲きなので 早々と咲き始め 今は2番花の準備中。

・・・たぶん。


posted by オニポン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Hybrid Spinosissima )Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

今年の開花 ケンティフォリア

5.23 ロサ3.JPG
Rose centifolia variegata  5.23


ロサ・ケンティフォリア・バリエガータ 


一期咲きだけれど、花数が多くて、
順々に開花してくれるので、結構長く楽しめています。



5.23 ロサ2.JPG
Rose centifolia variegata  5.23


今日 6月4日 。 


最後の花がまだ咲いています。




縞々の2色なので
存在感あり過ぎのビビットなピンクのアンジェラに
違和感なく合っています。




ちなみに こちらの言葉で 「しましまにしまっしま」は 「縞々にしなさい」の意味(笑)








5.20 ファン1.JPG
Fantin Latour 5.20




ファンタン・ラトゥール 





5.20 ファン3.JPG



不細工なバラがいる反面 

きっと誰もが 美人だと認めるバラがこの子。



5.21 ファンタン1.JPG
Fantin Latour 5.21




香りよし




5.23 ファンタン1.JPG
Fantin Latour 5.23



花付きよし


5.26 ファンタン1.JPG
Fantin Latour 5.26



一期咲きだけれど

春だけで十分満足できる。





5.26 ファンタン3.JPG
Fantin Latour 5.26



ただし、薄い花びらは日差しに弱く




5.26 ファンタン12.JPG
Fantin Latour 5.26



朝出かけるときは とても綺麗なのに

夕方帰ってくると 中央部分がしわくちゃになっていて がっかりすることが多い。


 (スウィート・ジュリエットと)





posted by オニポン at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ■バラ(Centifolia) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花 ハイブリッド・ムスクより

5.20 バフ.JPG
 Buff Beauty 5.20


バフ・ビュティ。






5.26 バフ1.JPG
 Buff Beauty 5.26




行って欲しい方向に伸びてくれない、

咲いて欲しい場所に花芽をつけない、

まさか!の場所から枝を伸ばす。

扱いにくいったらありゃしない。





2014.5.29 バフ.JPG
 Buff Beauty 5.29


けれど、咲くと綺麗だし、香りも良い。









008.JPG
 Ballerina



バレリーナ


調子が悪かったので 短く選定したら


バラなのに、


009.JPG


バラの足元を彩る 宿根草のように咲いています。

・・・・バラなのに。



posted by オニポン at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Hybrid Musk) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花 ハイブリッド・パーペチュアルより

2014.5.29 レッシュ2.JPG
Reine des Violettes 5.29



レーヌ・ド・ビオレット・・・で、ないかな?と考えていますが

「チャールズ・レイニー・マッキントッシュ」として売られていたバラです。


マッキントッシュでないことだけは 確か。




2014.5.29 レッシュ.JPG


色が濃く 花びらが薄く 香りが良いので

バラのジャムにピッタリ♪ ・・・と、

毎年、ほとんどの花はジャムにしていました。









5.26 ネイロン1.JPG
 Paul Neyron 5.26


ポール・ネイロン  

亡くなった母が大切にしていたバラ



5.26 ネイロン12.JPG
 Paul Neyron 5.26




返り咲いてくれます。





2014.5.29 ポール1.JPG
 Paul Neyron 5.29


巨大輪 強香






2014.5.29 ポール2.JPG
 Paul Neyron 5.29



下に見えるのは アイスバーグのつぼみ。



posted by オニポン at 20:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ■バラ(Hybrid Perpetual) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花 ティローズより

5.19カーボ1.JPG
 Clementina Carbonieri 5.19

クレメンティナ・カーボニエリ

早咲きなので シーズンの先頭を切って咲き始め

6月に入っても まだ咲いています。



5.20 カーボ1.JPG
 Clementina Carbonieri 5.20




昨年は不調であまり咲かなかったので 休養十分なのか

今年は 元気が良さそう。










5.20 オメール3.JPG
Homere 5.20


オメール 


数年の休暇を経て
昨年 突然復活しました。

今年もその勢いが続いているようです。











5.20 ブラビイ.JPG
 Mme Bravy 5.20


マダム・ブラビィ


華奢な体格なのに、いいの?と、思うほど花をつけてくれました。

これでもかと うつむいて咲くので 写真が撮りにくい。









5.20 白ブラ1.JPG
White Duchess de Brabant( Mme Joseph Schwartz) 5.20


ホワイト・デュセス・ド・ブラバン  (別名:マダム・ジョセフ・シュバルツ)


白ブラ。


実家に地植えにしてあるのは 1Mくらいでこんもり茂っていますが、
鉢植えの我が家の白ブラは 
それはそれは情けない樹形です。

今年も(!)株の充実を目指します。





5.20 ピーチ2.JPG
 Rock Hill Peach Tea 5.20



ロックヒル・ピーチ・ティ




桃ブラ、白ブラの枝変わり?・・・

けれどルックスはかなり違い






5.20 ピーチ1.JPG


まるで魔物です。



posted by オニポン at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ■バラ(Tea) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の開花 ノワゼットより

5.20 ブラッシュ1.JPG
Blush Nisette 5.20


ブラッシュ・ノアゼット 

家の入口のブロック塀に這わせるつもりで
でっかい鉢に植えたのですが、
いつまでたっても 大きくなりません。





5.26 ブラッシュ1.JPG
Blush Nisette 5.26



いつもなら いくつかは黄変して落ちてしまったり
ゾウムシにつつかれて曲がってしまう蕾ですが、





5.26 ブラッシュ1あ.JPG
Blush Nisette 5.26

今年は 調子が良いのか




2014.5.31 ブラッシュ.JPG
Blush Nisette 5.31



一気に咲きました。












5.21 アリスタ2.JPG
 Alister Stella Gray 5.21


ブラッシュ・ノアゼットを置くはずだった場所に

とりあえず・・・・と、植えたのが

アリスター・ステラ・グレイ。






5.21 アリスタ3.JPG
 Alister Stella Gray 5.21



伸びて、咲いてくれているし、

何より、鉢から根っこを出して 地植えになってしまっているので

もう 動かすことは不可能です。





006.JPG
 Alister Stella Gray 6.3


とても良い香り。



007.JPG
 Alister Stella Gray 6.3



風が溜まっている場所は 特に強く香り アリスタの香りに包まれます。

道を歩く人が立ち止まり このバラをクンクンしている姿を 時々見かけます。

posted by オニポン at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Noisette) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。