2006年03月22日

シャルロット

cha1.jpg

イングリッシュローズのシャルロットです。
昨年の夏頃から元気がなくなり、心配していたバラです。
9号鉢に植えてあったのですが、根っこの調子が悪そうなので
7号鉢に降格させました。
でも、やっぱり顔色、悪いのです。



黄色い花はウチの庭にはちょっと・・・と、思っていましたが
鉢植え向き、花付きよしと、色々なサイトで評判なのを知り買いました。

ちゃ1

手元に置いてみるととてもよいバラで、評判どおりの花付きです。
回りのバラや足下の植物ともなじんでくれます。



ちゃ2

翌日にはこんなふうに少し褪色して白っぽくなり、さらに良い感じに。



パーキング

シャルロットの置いてあるあたりです。

白バラを中心に集めているので、ここには比較的色の濃いバラを置くようにしています。ちょうど真っ正面にいる黄色っぽいバラがシャルロットです。
株の大きさと花付きの良さ、すごいでしょう?

シャルロットの後ろの白い花はソンブロイユ、向かって右の方で一輪だけ横剥いているのはアンブリッジローズ、うなだれて咲いている2つのバラはデュセス・ド・ブラバンです。左の濃いピンクのバラは地植のアンジェラ。

一番手前の左下でわんさかツボミを付けているのがブラッシュ・ノアゼットです。

手前に置いてある逆さまにした植木鉢、イス変わりに使っていました(笑)


5.15 chalotte-2.jpg 5.19 charkotte-1.jpg 

こんな感じでだんだんツボミがふくらんでいき、



ちゃ4

外側の花びらが白く、中が黄色いゴージャスな花が咲きます。



ちゃ5

二番花はちょっと小振りになって、



ちゃ6

コロコロの丸々の花が咲きました。

原因が分からずにだんだん元気がなくなって、今は枝2本、かろうじて残っているだけのかわいそうな状態になってしまいました。


posted by オニポン at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ■バラ(English Rose) Yellow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや、
なんとも心痛い画像です(T_T)
どうしちゃったんでしょうね??
ほんとに顔色悪いです。

最初うちにきたときのダービーもこんな感じでした。
処分品を500円で拾ってきたので、当然と言えば当然ですが、
シャルロットちゃんは元気いっぱいだったんですものね。
心配ですね。
うちのダービーは、とりあえず生き返り、細い枝ながらも
春を感じて伸びてきました。
Posted by あさこ at 2006年03月22日 16:32
ダービーちゃん、なんてよい子なのでしょう!ウチのシャルロットもダービーちゃんを見習って根性出して欲しいものです。

しっかし、どうして年々ウチのバラは元気がなくなっていくのでしょう。。。(ー'`ー;)う〜ん・・・・

今、特別元気なバラが2つあって、共通点が・・・。そう、ことし買ったばかりのバラ、つまり、ナーサリーパワーがたっぷり残っている株なのです。
いったいどこがどう違うのでしょうね。
Posted by オニポン at 2006年03月23日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15244484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。