2010年07月26日

雷鳥の親子

10.07.24 113.jpg
ライチョウ




お隣、富山県の「立山黒部アルペンルート」に行ってきました。

私は 立山は今回で 4度目なのですが、

初めてライチョウを見ることができました。





しかも、親子連れ♪





10.07.24 018.jpg
この画像はノートリ!!



カメラを持って行って良かった!!








10.07.24 015.jpg



全然人を怖がらないので、

すぐ近くで 撮影できました。
















10.07.24 021.jpg

むしろ、人間の方が気を使って

ひそひそ声(笑)



「何羽いる?」






10.07.24 024.jpg


「5羽か6羽」








10.07.24 110.jpg


自由に歩き回っている雛を 親鳥(たぶんメス)が、

近くで見守っているようでした。




posted by オニポン at 20:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ◇野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉ・・なつかしのアルペンルートです。
小学生のころ 夏休みに家族でいったのと
あとは パパと初夏にいったけど雪のアルペンルートで景色みえず><

雷鳥って ひとを怖がらないんですね@@
ひなの精悍な顔がまたいいかんじ〜♪

色はつぐみんみたいな感じですか?
Posted by しふぉん at 2010年07月28日 09:26
>しふぉんさんへ

怖がらないんです。
100均へ行って、虫取り網を買ってきたら、それで捕まえられそうな近距離なんですよ。

丸々太っているし、巷の噂では飛ぶことが苦手とか・・・・。これじゃあ、昔はきっと食用にされたんだろうなあ…と、想像してました。


父の友人はツアーに参加したのですが、当日は暴風雨。払ったお金を考えると悔しくて参加したそうなのですが、横殴りの雨で何も見えなかったそうです。
お天気って、大事ですね。

あ、しふぉんさんの場合は
ぱぱりんさんといることが目的なんでしょうから、天気なんて関係なかった?(笑
Posted by オニポン at 2010年07月30日 19:27
写真とか映像で見る、そのまんまのライチョウだ〜!!!
それにしても見事な保護色!
じっとしてると、ほら、そこにいるよ!と言われても分からなそう。
親子の姿、ほほえましいね〜♪
ライチョウに気遣いして小声で会話の、
オニポンさんとダンナ様もほほえましい♪
Posted by ruby's paw at 2010年08月05日 17:31
>ruby's paw さんへ

すぐ近くなんで、感激でした〜

カルガモは、親ガモの後に子ガモが一列になってついていきますが、
ライチョウの場合は、
子供たちが比較的自由に歩き回っていて、
親鳥は周りに気を配りつつ、子供たちの後をあるいているんですよ。

丸々太っていて、
確かに、あの体型では、空を飛ぶのが苦手なのはしかたないなぁ・・・むしろ、無理でしょう…と、思いました
Posted by オニポン at 2010年08月07日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157516123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。