2014年06月04日

今年の開花 ハイブリッド・パーペチュアルより

2014.5.29 レッシュ2.JPG
Reine des Violettes 5.29



レーヌ・ド・ビオレット・・・で、ないかな?と考えていますが

「チャールズ・レイニー・マッキントッシュ」として売られていたバラです。


マッキントッシュでないことだけは 確か。




2014.5.29 レッシュ.JPG


色が濃く 花びらが薄く 香りが良いので

バラのジャムにピッタリ♪ ・・・と、

毎年、ほとんどの花はジャムにしていました。









5.26 ネイロン1.JPG
 Paul Neyron 5.26


ポール・ネイロン  

亡くなった母が大切にしていたバラ



5.26 ネイロン12.JPG
 Paul Neyron 5.26




返り咲いてくれます。





2014.5.29 ポール1.JPG
 Paul Neyron 5.29


巨大輪 強香






2014.5.29 ポール2.JPG
 Paul Neyron 5.29



下に見えるのは アイスバーグのつぼみ。



posted by オニポン at 20:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ■バラ(Hybrid Perpetual) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バラジャムって、色が濃く花びらが薄く香りが良いバラなのね!?

ヨン様は合格?
今年は5輪は咲いてくれたの♪(我が家では高成績)
来年は10輪にしてジャムにするつもりなんだけど
葉に黒点が・・・(>_<)
Posted by 木漏れ日 at 2014年06月05日 11:09
ふうむ…花はそっくり。
でも強い香りではなかったのよね…
あいまいなの。笑

ポール・ネイロンっぽいけど…
Posted by minibaramama at 2014年06月05日 15:25
■ 木漏れ日さんへ

色が濃いほうが ピンクの綺麗な色が出るし
花びらが薄くて小さいほうが
ジャムにしたとき 花びらがキュッキュして歯にあたる感じが和らぐ気がするから、
そういうのを選ぶと このバラになるんだよね。

ヨン様のジャムもしたことがあるけど、
最近は団体で咲いてくれないから、
・・・また作りたいわぁ〜


■ minibaramamaさんへ

ネイロンはお付き合いが長くて、
なので、
この香りを嗅ぐと
ほっとするというか、おお、これこれ♪って気持ちになります。

そうそう
花びらは表が色が濃くて裏が白っぽいです。
刺はほとんどありません
Posted by オニポン at 2014年06月05日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398572152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。