2014年06月05日

今年の開花 イングリッシュローズ T

5.20 ジュリエット.JPG
 Sweet Juliet 5.20


スウィート・ジュリエット



鉢から根を出して、地植え状態になっています。
なので、花付き、最高。







5.23 ジュリエット2.JPG
 Sweet Juliet 5.23


花茎が短く、となりの花についている葉っぱが 花の上に覆いかぶさったりしますが、






5.23 ジュリエット2.JPG
 Sweet Juliet 5.23

最近は、そういう邪魔な葉っぱを切って、花を楽しめる心の余裕が持てるようになりました。




ただし、鉢植えの弱小バラは別。


5.20 マグ1.JPG
Mary Magdalene 5.20


メアリー・マグダレンは年々小さくなっている気がするので
体力回復のためにも1枚の葉っぱだって大事です。








2014.5.29 ヘリテージ.JPG
Heritage 5.29



ヘリテージ は白花変異種のローズマリー・ローズと並べて置いてあります。


花の雰囲気はローズマリーと若干違いますが
花を咲かせるタイミングが 全く同じ。







2014.5.29 セシリア1.JPG
St.Cecilia 5.29





遅咲きのセント・セシリアが咲き始めると

春のバラのシーズンの終わりを感じます。



 


2014.5.31 せしエリア1.JPG
St.Cecilia 5.31



・・・が、セシリアがたくさん蕾をつけてくれているので
もう少し楽しめそう




5.21 マサコ3.JPG
Eglantyne 5.21



エグランティーヌ(別名:マサコ)


風通りのよい場所に移動させたら、機嫌が良くなった気がします。

今年は結構咲いてくれました



5.23 庭2.JPG
5.23


中央に白っぽく見えるのがマサコ



posted by オニポン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(EnglishRose)Pink,Apri | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。