2014年06月01日

ベル・イシス

5.21 イシス1.JPG
Belle Isis 5.21



我が家で 1本だけのガリカ・ローズの ベル・イシスです。




5.23 イシス1.JPG
5.23



花数は 結構多いです。



5.25 イシス2.JPG

ただ、茎が細いので 蕾が膨らんでくると
その重さに耐え兼ねて 枝が垂れ下がってきます




5.26 イシス 5 .JPG




なので、
こんもりした樹形が乱れないように
針金で主な枝を 吊り下げてあります。





5.26 イシス2 .JPG



花はとても可愛らしく
強くはないけれど、良い香りもするのですが、




5.26 イシス 5.JPG




枝はトゲだらけだし、

花は ちょうど良い具合に咲いたと思って切ると

花瓶に入れる前に バサっと散ってしまうので 生花には適さないようです。



5.26 イシス3.JPG
posted by オニポン at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Gallica)Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

ローズ・ディペール

003.JPG
Rose D'Hivers 5.28


昨年お迎えした 2つの新苗の一つ ローズ・ディペールが咲きました。







5.15 ローズディペール.JPG
5.15




ぷっくりとした可愛い蕾



気になるような刺は ありません









5.15 ローズディペール3.JPG
5.15




株元にもないようです





5.16 ローズディペール1.JPG
5.16


開き始めた花は 思っていたよりずっと小さい。





花の大きさは中輪ということですが、

マダム・アルディやマダム・プランティエが中輪なら、それよりもずっと小さい。





どんな花が咲くのか、ダマスクの香りはどんなだろう・・・ワクワクしながら開花を待ちました。





5.18 ディペ1.JPG
5.18


・・・・が、咲いた花からは

強香品種だという、期待の香りは

・・・・感じられません。





5.18 ディペ3.JPG
5.18



横顔の スライドしているような花びらが 特徴のように思います。




5.19 ディペール2.JPG
5.19


開ききった花


開いたばかりなのに、シベが少し変色していて
黄色いシベが好きな私は少しがっかり。









5.20 ディペール1.JPG
5.20

もう一つ咲いている方も 似たり寄ったり。



5.21 ディペール1.JPG
5.21


翌日にはでれ〜んとして この有様。



我が家のバラの中では ホワイト・マルメゾン(クロンプリン・シェッシン・ビクトリア・・・もうお亡くなりになりました)と肩を並べる不細工さ!




ディペール4.JPG5.21





この状態のまま、結構粘ってくれます。花持ちは良い方かもしれません。


なので、遠めに見れば、不細工なことは気にならないし、
白い花がいつまでも咲いてくれている・・・ってことになるかもしれない。


遠目美人ということで

庭の一番奥の 簡単には近寄れない場所あたりに向いたバラなのかも。







5.26 ディペール1.JPG


蕾は 白であったり、この画像のように、淡いピンクだったり




5.26 ディペール2.JPG




・・・ 開花まえの このくらいの方が綺麗。




5.26 ディペール3.JPG


咲いた時のがっかり感は

例えると

街で素敵な女性が歩いていて、

どんな方だろうと顔を見ると 単に若作りしたおばさんだった・・・ってあの感じ。







5.26 ディペール5.JPG
Rose D'Hivers  5.26



(・・・おばさんの私が、おばさんを悪く言っては行けません)





5.26 ディペール6.JPG


このつぼみが開いて 一番最初の画像の花になりました。
a
posted by オニポン at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Damask) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルシアーナ

5.16 セルシアーナ.JPG
Celsiana 5.16



園芸店へ ふら〜っと行った時に 

ぎっしりの蕾たちから 手招きされたように思いました。

なので、 予定はなかったのですが・・・つい。








5.19 セルシアーナ1.JPG
Celsiana 5.19


同じダマスクでも 3年咲かないカザンリクとは大違い。




・・・いや、きっとプロの技なのでしょう。

そうなのでしょう。

そうに違いありません。






5.19 セルシアーナ2.JPG


短く選定されていて 







5.23 セルシアーナ1.JPG
Celsiana 5.23



株はこじんまりと 50〜60cmくらい




5.23 セルシアーナ2.JPG
Celsiana 5.23


手前左の水色の花は 丁字草

手前右 紫の花は クレマチスのヘンダーソニー


この子達より 少し大きいくらいです。



5.15 丁字草1.JPG
移動前の丁字草 5.15




どちらもバラと開花が揃い、

しかも 鉢植えなので、

花が咲くと バラの寂しい足元を隠すために 移動させてきます。





丁字草は 株分けで簡単に増えるので、

毎年 株分けして増やしています。






5.25 セル1.JPG
Celsiana 5.25


待ちに待った セルシアーナの 開花



5.25 セル2.JPG



かなり大きな花で、

期待以上に香ります。





5.25 セル3.JPG


右上 イングリッシュローズの マサコ
左上 ティローズの ホワイト・デュセス・ド・ブラバン


比べると 結構大きい。



枝がしなやかで扱いやすいバラだそうですが、
細くて・・・ いかにも刺さり易そうな鋭い刺が多くて・・・取り扱いには注意したほうがよさそうです。




posted by オニポン at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ■バラ(Damask) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

マダム・プランティエ

5.21 プランティエ1.JPG
Mme.Plantier 5.21


昨年 ホームセンターで見つけた新苗、

我が家で初めてのアルバローズの マダム・プランティエです。




今年初めて蕾をつけました♪




結構濃いピンクの蕾から 本当に白い花が咲くのか ドキドキでしたが




5.25 プランティエ1.JPG



予想以上に整った花に







カメラを横にしたり・・・


5.25 プランティエ2.JPG



縦にしたり・・・・

メロメロです。




5.25 プランティエ3.JPG


刺はあまり気になりませんが




5.25 プランティエ4.JPG


株元の方には結構鋭い刺があります。




5.26 プランティエ 1.JPG
ロサ・ケンティフォリア・バリエガタと


黄変して落ちるつぼみが多い(我が家では・・)ロサ・ケンティフォリア・バリエガタに対し、
プランティエは見かけよりもたくましく
きっちり咲いてくれそうな予感。





5.26 プランティエ2.JPG


濃くはありませんが、ほんのりと良い香りがします。






5.26 プランティエ1.JPG





株はヒョロヒョロと長く、今、1mくらい。

posted by オニポン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ (Alba) old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロサ・ケンティフォリア・バリエガタ

5.15 バリエガタ.JPG
Rose centifolia variegata 5.15



2年前 花フェスタ記念公園で一目惚れして 

昨年お迎えしました。




5.23 ロサ4.JPG



別名 コテージ・メイド




5.18 バリエガタ3.JPG


2色の色合いは 柔らかですが


全体的な印象は 野性的。





5.15 バリエガタ4.JPG


体格は ガッシリで、

刺が ビッシリ (笑)







5.26 オジェ1.JPG
Mme, Pierre Ojer

マダム・ピエール・オジェは

上の画像のように 咲き始めは白っぽいのに





5.26 オジェ2.JPG
Mme, Pierre Ojer


だんだん日焼して 色が濃くなりますが、





5.19 バリエガタ3.JPG
Rose centifolia variegata 5.19


このバラは 




5.20 ロサ 2.JPG
Rose centifolia variegata 5.20



はっきりとした色合いで咲き始め




5.18 バリエガタ2.JPG

咲き進むにしたがって





5.19 バリエガタ1.JPG



淡い色に退色し





5.20 ロサ1.JPG

柔らかで くしゅくしゅの花びらの中から





5.20 ロサ3.JPG

ボタンアイをのぞかせます。




5.20 ロサ4.JPG


房咲きになりますが、

我が家では 黄変して落ちてしまうつぼみが多いのが 残念。




5.21 ロサ1.JPG


咲いたと思ったら、あっというまに散ってしまう。

その潔さも魅力の一つ・・・。



5.21 ロサ2.JPG


散ったあとも 綺麗。






・・・・ただし 掃除は大変。




5.26 ロサ2.JPG


香りよし。





posted by オニポン at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■バラ(Centifolia) Old | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

そろそろ開花

5.15 スタン.JPG
スタンウェル・パーペチュアル



我が家のバラが ようやく咲き始めました。




5.15 ピーチ.JPG
ロックヒル・ピーチ・ティ


・・・と、言うことで 早速カメラを持ち出し





5.15 マグダレン1.JPG
メアリー・マグダレン


まずは取扱説明書を・・・(汗)。







5.15 マルメゾン2.JPG
中央はスヴニール・ド・ラ・マルメゾン 両脇のつぼみはマサコ



とんでもない後方からのスタートですが





5.15 オジェ1.JPG
マダム・ピエール・オジェ



とりあえず写真は撮れました。





5.15 オディエ1.JPG
ルイーズ・オディエ






5.15 カーボ.JPG




右上はスタンウェル・パーペチュアル 左下にクレメンタル・カーボニエリ





5.14 カーボ2.JPG


カーボニエリは相変わらずの ドヤ顔。






5.14 プランティエ.JPG



昨年ホムセンで手に入れたちび苗のマダム・プランティエ。

あさ出かけるときは元気だったのに 帰ってきたらこうなっていました。

近くにいたゾウムシは退治しました。これで被害が収まると良いのですが。





5.14 カザンリク.JPG

昨年、一昨年と咲かなかったカザンリク。

今年も咲く様子がありません。

DAIGOさん風に言うと NHS

  伸びない、増えない、咲かない

・・・切ってやる!


posted by オニポン at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ■バラ栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

ジョウビタキ

032.JPG



034.JPG


久しぶりに見かけた ジョウ君
posted by オニポン at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。